裁判事例の紹介

SNS

【SNS】「国際ロマンス詐欺」にご注意ください


「国際ロマンス詐欺」に関する相談が増加しています。
記事の全文を読む

【参考】メール・ツイッター等の訴訟上の取り扱いについて


「文書の『原本』について」という論考の中で、民事訴訟におけるメール・ツイッターなどの取り扱いについて言及されています(判例タイムズ1467号13頁)。
 
同論考によると、要旨、以下の指摘がなされております。
1 メールやツイッターの内容が書証として提出されることが非常に多くなっていること
2 これらは、証拠価値としても高いものであること
3 これらを書証として提出する際の注意点として、
(1)前後の文脈・意味内容が分かるように、必要な範囲で前後のメールやツイッターを一緒に提出すること
(2)大部になる場合、証拠の中で、核心部分と思われる箇所にマーカーを引くなどの工夫をすること
 
メールやツイッターが重要な証拠となる場合も多く、その場合の証拠の保全・証拠価値の評価等、専門的判断がより求められていると言えます。
実務上の動きとして、紹介させていただきます。
 
【参考記事】
【裁判例】インターネットのホームページの印刷物の証拠価値が問題となった事例
https://net.highfield-law.com/saiban-jirei/329/

【予防講座】LINE株式会社の情報モラル教育教材


LINE株式会社が、ホームページで、情報モラル教育教材を公開しています。
記事の全文を読む

【ネットショッピング】定期購入の相談が増加しています


「お試し購入」「定期購入」の相談が増えています。
記事の全文を読む

【裁判例】Facebookアカウントと送達手続が問題となった事例


Facebook(フェイスブック)アカウントと公示送達手続の関係が問題となった事例です(京都地決H31.2.5判タ1464号175頁)。
記事の全文を読む

【予防講座】『弁護士に聞く ネット詐欺の新たな手口』を実施しました


せんだい豊齢(ほうれい)学園様にて、『弁護士に聞く ネット詐欺の新たな手口』と題して、予防講座を実施させていただきました。
記事の全文を読む

【SNS】SNSに関する若者意識等について


「若者の消費者被害の心理的要因からの分析に係る検討会報告書」において、SNSと若者消費者被害について報告がなされています。
記事の全文を読む

【SNS】SNSをきっかけとしたバイナリーオプション取引にご注意ください


SNSをきっかけにした無登録業者とのバイナリーオプション取引が問題となっています。
記事の全文を読む

【参考】子供のネットトラブル


子どものネットトラブルが依然として大きな問題となっています。
記事の全文を読む

【参考】海外マルチの被害にご注意下さい。


「誰でも簡単にできる」「必ず儲かる」等の説明を受けて、海外事業者とマルチの契約をしたものの、利益を得られず、解約もできないといった相談が多く寄せられています。
記事の全文を読む

【SNS】ネットいじめ対策の取組状況


総務省が、インターネット上のいじめ対策の取り組み状況について報告をしています。
記事の全文を読む

【裁判例】LINEによる退職の意思表示の有無が問題となった事例


LINEによる退職の意思表示の有無について、詳細に検討の上、その存在を否定した事例です(東京地判H29.12.22判時2380号100頁)。
記事の全文を読む

【参考】2018年消費者白書


2018年の消費者白書が発表されています。
当弁護団の活動に関係するところを、主に紹介します。
記事の全文を読む

【SNS】「仙台市いじめSNS相談事業」が始まります


平成30年8月20日から、仙台市で、SNS(「LINE」と「Webチャット」)を活用した新たないじめ相談事業が開始されます。
記事の全文を読む

【SNS】幼児にスマホ、1日1時間までとの調査結果


「子どもたちのインターネット利用について考える研究会」ホームページにおいて、「未就学児の情報機器利用セルフチェックリスト」が公開されています。
  記事の全文を読む

【参考】「ネット上のいじめ」に関する 対応マニュアル・事例集


携帯電話・インターネットの普及に伴い、SNS、インターネット上の学校非公式サイトや掲示板等を利用して、特定の児童生徒に対する誹謗・中傷が行われるなどの「ネット上のいじめ」問題が生じています。
記事の全文を読む

【裁判例】SNS会員の利用規約違反が問題となった事例


SNS会員の利用規約違反を理由とする利用停止措置が問題となった事例です(東京地判H27.4.8判時2271号70頁)。
記事の全文を読む

【SNS】SNS広告で購入した商品のトラブル増加


SNSの広告を見て、化粧品を申し込んだところ、高額請求をされたという相談が多く寄せられているとのことです。
記事の全文を読む

【参考】情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材


情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材、教員向けの手引書が、文部科学省ホームページで公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】学校裏サイトにおける匿名の書き込みが問題となった事例


 特定の中学校の生徒が匿名で書き込みをする掲示板(学校裏サイト)において、同校の学生であった原告を中傷する書き込みがなされた事案です(大阪地判H20.5.23裁判所HP)。
記事の全文を読む


ページの一番上に戻る