ネットショッピング特有の問題

ネットショッピングでの被害

インターネットを利用した取引(インターネット通販、インターネットモール、ネットオークションなど)による被害は多岐にわたりますが、特に多いものとしては、①注文した商品が届かない・注文したものとは違う、②商品が壊れているのに返品に応じてもらえない等があります。さらに、取引の相手方との連絡が付かず所在が分からないこともあります。

 

インターネットを通じた取引は、店のように対面でなされるものではなく、匿名性が高いこと等が原因となって、深刻な被害に発展することがあり、中には明らかな詐欺事案もあります。


ページの一番上に戻る