【ネットショッピング】フリマサービスのトラブルが増加

インターネット上で個人同士が商品や役務を取引できるフリマアプリやフリマサイト等、フリーマーケットサービス のトラブルが増加しています。

2017年度の相談件数は、2012年度の約20倍になっているとのことです。
 
トラブルの内容としては、「商品が届かない」「壊れた商品、偽物が届いた」等のほか、出品した消費者(出品者)からのものも見受けられるとのことです。
 
このようなトラブルを防止するためにも、サイトの利用規約等を事前によく確認し、取引の内容についても十分確認することが必要です。
 
近時のトラブルとして、注意喚起の意味を込めて、紹介致します。
当弁護団でも、フリマサービストラブルの予防・救済に向けて、研究を進めていきたいと思います。
 
【国民生活センターHP】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20180222_1.html



ページの一番上に戻る