【架空請求】携帯電話番号が掲載された架空請求にご注意ください

住所、氏名のほか、「携帯電話番号」が記載された架空請求が問題になっています。

基本的な手口は従来と同じなのですが、自分の携帯電話番号が記載されていることで、信ぴょう性を増すという効果を狙っているようです。
 
架空請求被害は数多くあり、被害報告がなされたり、注意喚起がなされたりした際には、既に新たな手口となっていることも多々あります。
手口にかかわらず、しっかりと被害を予防できる知識を身に着けることが重要です。
記載された連絡先に連絡をしてしまう前に、必ず信頼できる方、消費生活センター、弁護士にご相談下さい。
 
架空請求被害は、宮城県内のみならず全国的にも依然として重大な問題ですので、情報提供させていただきます。
 
【国民生活センターHP】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20181207_1.html



ページの一番上に戻る