【サクラサイト】事業譲渡後の会社の責任を認めた事例

サクラサイト事案において、サイト運営会社が別のサイト運営会社に事業譲渡したところ、事業譲渡後のサイト運営会社にも損害賠償債務が承継されると判断された事案です(仙台地判H30.4.20消費者法ニュース116号347頁)。

本判決では、事業譲渡においては、「特段の契約上の定めがないかぎり、営業に属する一切の財産は、譲受人に移転すべきものと推定すべき」とし、本件においては、事業譲渡に関する契約書や関連書証が一切提出されないこと等の経過から、上記判断に至ったものです。
 
サイト運営会社の「逃げ得」を許さない、意義のある判決と思われます。



ページの一番上に戻る