【ソーシャルゲーム】中高生のネット依存93万人

厚生労働省研究班 (代表・尾崎米厚鳥取大教授)は、病的なインターネット依存が疑われる中高生が全国で93万人に上るとの推計を発表しました。

ネット依存は、インターネット、オンラインゲーム、SNSなどを使いすぎている状態で、日常生活にも支障が出るとされています。
 
インターネットのあり方については、法規制のみならず、社会的な議論が必要なように思われます。
 
今後も、この問題に注視していきたいと思います。



ページの一番上に戻る