ネット上での名誉棄損、プライバシー侵害裁判事例

【参考】インターネット上の人権侵害事件数・過去最多に


昨年のインターネット上の人権侵害事件数が過去最多であったとの発表がなされています。
 
法務省の人権擁護機関は、人権侵害をされたという申告等を端緒として、その被害の救済、予防に取り組んでいます。
 
同機関の平成28年における取組状況についての法務省報告によれば、インターネット上の人権侵害情報に関する事件数が 1,909件(対前年比10.0%増加)となり、過去最高件数を記録したとのことです。
 
特に、プライバシー侵害・名誉毀損事例が多くを占めており、依然として多くの被害が生じていることが端的に明らかとなります。
 
本弁護団では、プライバシー侵害・名誉毀損に関する相談を受け付けておりますので、お気軽にご連絡いただければと思います。
 
【法務省HP】
http://www.moj.go.jp/JINKEN/jinken03_00209.html


ページの一番上に戻る