SNS裁判事例

【参考】SNS広告で購入した商品のトラブル増加


SNSの広告を見て、化粧品を申し込んだところ、高額請求をされたという相談が多く寄せられているとのことです。
 
これらの被害の特徴として、日本語で記載された広告であっても実際は海外の業者だったり、業者と連絡が取れなくなったりすることがあるとのことです。
 
特に、海外の業者の場合、一度送金してしまうと被害回復が困難となることもありますので、正しい知識を入手し、事前予防が必要です。
 
情報提供を兼ねて、ご紹介いたします。
 
【参考:国民生活センターHP】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20150818_1.html
 
【参考記事:国民生活センター越境消費者センター(CCJ)】
http://net.highfield-law.com/saiban-jirei/519/


ページの一番上に戻る