ネット上での名誉棄損、プライバシー侵害裁判事例

【裁判例】ツイッターでの名誉毀損において発信者情報開示請求が認められた事例


インターネット上の名誉毀損関連で、ツイッター(Twitter)への投稿記事が問題となった事例です(東京高判H26.5.28判時2233号113頁)。
 
本件では、ツイッターに投稿された記事によって名誉が毀損されたとして、IPアドレスから判明した経由プロバイダに対して、アカウントへのログイン時の情報に関する開示請求の可否が問題となりました。
 
裁判所は、要旨、①プロバイダ責任制限法の趣旨からすれば、同法4条1項の開示請求の対象が当該権利の侵害情報の発信そのものの発信者情報に限定されているとまでいうことはできないこと、②総務省令によっては同項の解釈は左右されないこと、③ツイッターの性質上ログインするのは当該アカウント使用者である蓋然性が認められることを理由として、開示請求を認容しました。
 
本事例は、投稿の送信に用いられたIPアドレスではなく、ログインの際に用いられたIPアドレスに関する発信者情報開示請求が認められた点において、実務上参考になると思われます。


ページの一番上に戻る