【参考】オンラインプラットフォームにおける法規制の在り方について

オンラインプラットフォームにおける法規制の在り方が議論されています。

内閣府消費者委員会は、「オンラインプラットフォームにおける取引の在り方に関する専門調査会報告書」を、2019年4月11日付で発表しています。
 
これによると、オンラインプラットフォームを利用した取引は増加傾向にあるにもかかわらず、実効的な法規制が必ずしもなされていない現状を見て取ることができます。
 
プラットフォーム事業者の法的責任が問われる事案もあり、今後も、あるべき法規制の在り方等については、当弁護団でも研究を重ねていきたいと思います。
 
最新の動向を知ることができるものとして参考になりますので、紹介いたします。
 
【内閣府HP】
https://www.cao.go.jp/consumer/iinkaikouhyou/2019/houkoku/201904_online_pf_houkoku.html
 
【消費者庁HP:第33回インターネット消費者取引連絡会】
https://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/policy_coordination/internet_committee/
 
【ネット被害弁護団ブログ記事】
インターネットモール事業者の法的責任が問題となった事例
http://net.highfield-law.com/saiban-jirei/382/



ページの一番上に戻る