【参考】60歳以上の消費者トラブルが増加傾向

60歳以上の消費者トラブルが増加傾向にあります。

国民生活センターホームページによれば、特に、架空請求に関する相談や、デジタルコンテンツ、インターネット接続回線などの相談が多いとのことです。
 
私たちも、予防講座などでお伝えしているところですが、「自分も騙されてしまうかもしれない」という危機意識を持ち、常に最新の手口を学び、何かあったらだれか信頼できる人に相談することが大事です。
 
最新の情報を知るうえでも参考になりますので、ご紹介いたします。
 
【国民生活センターHP】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20190912_1.html



ページの一番上に戻る