【注意喚起】携帯電話会社をかたる偽SMSにご注意ください

携帯電話会社をかたる偽SMSによる被害が多発しています。

主な手口としては、「携帯電話会社名で『不正ログインされた可能性があるので、IDとパスワードを変更してください』等のSMS(ショートメッセージサービス)が届き、携帯電話会社のID、パスワード、暗証番号等を入力したら、その後携帯電話会社から身に覚えのない決済メールが届いた」というものです。
 
今回の手口を問わず、偽メール・SMS等により、個人情報を抜き取るという手口が多発しております。
個人情報の提供をする際には、本当に信頼できる提供先かどうかを、慎重に伸長を重ねて確認する必要があると思われます。
 
今後も同種の手口が増加することも考えられますので、注意喚起を兼ねて、情報提供致します。
 
【国民生活センターHP】
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20190905_1.html



ページの一番上に戻る