架空請求

架空請求とは

架空請求とは、法的には支払義務が存在しない請求により、被害者から金銭を騙し取る詐欺手法であり、特にインターネットでは相手方が見えないということで、様々な場面で問題が起きています。

架空請求での被害ケース

メール関係

不特定多数のアドレスに架空請求メールを送信してくるものです。
携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)であったり、SNS等を利用したメールが届く場合もあります。

アダルトサイト関係(ワンクリック詐欺)

いわゆる「ワンクリック詐欺」に該当するものです。
年齢認証(「あなたは18歳以上ですか?」)や無料サンプル画像をクリックしただけで登録完了画面等が現れ、高額な利用料を請求されたりします。
掲示板に書き込まれたURL、迷惑メールに添付されたURL、ブログ記事のリンク等もアダルトサイトの入口に繋がっていることがあります。

出会い系サイト関係

無料のサイトに登録したら、無料なのは登録料のみで利用料金を請求されるものや、無料サイトへの登録と同時に有料のサイトにも登録され、登録料や利用料を請求されるものです。利用規約に有料サイトへの同時登録について記載されている場合もありますが、記載がない場合もあります。

アプリ関係

ダウンロードサイトからダウンロードしたアプリの中には、インストールの際に電話番号、メールアドレス、位置情報等の個人情報が自動的に送信されてしまうものがあります。
例えば、アダルト系の名称のアプリをダウンロードし起動したところ、アダルト系の広告が表示され、これをクリックすると高額な料金を請求される、ということがあります。

フィッシング詐欺

インターネット上で、クレジットカード番号、銀行預金口座、アカウント情報その他個人情報等を入力させる方法によって、個人情報を騙し取られたり、預金の引き下ろしをされたりする被害です。

架空請求被害への対策

メール関係

届いたメールに対しては、何もせずに放置するのが一番です。
不安になって連絡をしてしまうと、反応のあったアドレスもしくは電話番号として認識されてしまいます。

アダルトサイト関係

この架空請求も、何も反応しないことが一番です。
「登録した」と言う言葉に反応してしまうかもしれませんが、登録されたとしても、IPアドレス等から住所や氏名を知られることはありません。

出会い系サイト関係

無料サイトの登録にあたっては、何が無料なのかをきちんと確認しましょう。
二重登録の明示がない場合には、特定商取引法に違反している可能性があります。

アプリ関係

信頼できない提供元のアプリはインストールしない、アプリのインストールの際に個人情報の取得やアクセス許可を確認し、不審な点がある場合にはインストールしないといったことが必要です。
アプリは便利なものですが、便利な分危険な面もあります。インストールの際にはこのようなことを心がけておきましょう。

解決への方策

身に覚えのない請求をされている方へ

利用した覚えのないサイト等の利用料の架空請求については、支払わずに放置するということが基本的な対応になります。
いずれの態様についても、不安になって不用意に相手に連絡をしてしまうと、個人情報が流出し、請求がエスカレートするおそれがあるので注意してください。
なお、裁判所から「支払督促」や「呼出状」といった標題の書面が届いた場合には放置しておくと相手の請求が認められてしまうおそれがあるので、すぐに弁護士に相談するようにしてください。

既に支払ってしまった方へ

架空請求に対し、既に支払いをしてしまった場合であっても、弁護士や警察を通じて振込口座を凍結する等の手段を通じてお金を取り戻すことができることがあります。
被害に遭われてしまった方は、ぜひ一度、弁護士に相談してみてください。


ページの一番上に戻る