ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは

ドロップシッピングとは,インターネットによる通信販売の形態の一つで,商品の発送等の業務は全て商品の卸元や製造元(「ベンダー」などと呼ばれます。)に任せ,価格の設定及びWebサイト等による集客のみ行うという販売手法をいいます。

 

商品の発送等を全てベンターが行うため,販売者にとっては,発送等業務の手間を省くことができる上,在庫を抱えるリスクを回避することができるというメリットがあり,販売者が設定した価格とベンダーからの卸売価格の差額が販売者の利益となります。

 

なお,この手法は,「アフィリエイト」(Webサイト等で商品を紹介し,自分のサイト経由で商品が売れた場合に売上の一部を受け取るという手法)と似ていますが,実際に自分が「販売者=売主」となって販売価格を設定することができる点でアフィリエイトとは異なります。

 

最近では,ドロップシッピングを始めたい人に対してシステムを提供する「ドロップシッピングサービス」が登場しており(このようなサービスを提供する業者は,「ドロップシッピングサービスプロバイダー(DSP)」と呼ばれます。),このような販売手法が広がりを見せています。


ページの一番上に戻る