【予防講座】「決済手段別の対応方法」を実施しました

先日、当弁護団所属の弁護士が、インターネット取引等における決済手段について講義を行いました。

インターネットを利用した取引においては、相手方と対面せずになされる関係上、多様な決済手段が用いられ、今後ますますその種類は増加していくと考えられます。
 
そのため、主要な決済手段の基本的仕組みを予め理解しておくことが重要です。
当弁護団でも、定期的に会議・勉強会を持ち、研究を深めています。
 
今回の講義では、主として、①クレジットカード決済、②電子マネー、③(コンビニ)収納代行、④決済代行、⑤キャリア決済について取り上げ、基本的な解説を行いました。
 
今後とも、当弁護団では、多様な決済手段について、研究を深めていきたいと思います。



ページの一番上に戻る