裁判事例の紹介

ネットショッピング

【裁判例】ホームページ制作等契約において、抗弁接続が認められた事例


美容院を営む個人事業者が締結したホームページ制作等契約について、抗弁の接続が認められた事例です(松本簡判平成30.9.27消費者法ニュース118号198頁)。
記事の全文を読む

【ネットショッピング】ラグビーWCのチケット購入トラブルにご注意下さい


ラグビーワールドカップ2019日本大会のチケット購入トラブルが報告されています。
記事の全文を読む

【裁判例】ネットショップ用ホームページ制作契約に際し説明義務違反が認められた事例


ネットショップ用ホームページの制作に係る契約について、その勧誘に際し、事業者に説明義務違反があるとされた事例です(東京高判H29.11.29判時2386号33頁)。
記事の全文を読む

【参考】2018年消費者白書


2018年の消費者白書が発表されています。
当弁護団の活動に関係するところを、主に紹介します。
記事の全文を読む

【ネットショッピング】フリマサービスのトラブルが増加


インターネット上で個人同士が商品や役務を取引できるフリマアプリやフリマサイト等、フリーマーケットサービス のトラブルが増加しています。
記事の全文を読む

【参考】日本資金決済業協会


前払式決済手段(プリペイド等)の発行業及び資金移動業の健全な発展と利用者利益の保護を図ることを目的とした自主規制団体として、日本資金決済業協会があります。
記事の全文を読む

【法令】決済代行業者に対する法規制について


クレジットカードを使っていると「決済代行業者」という言葉を耳にすることはありませんか。今、国会では、「決済代行業者」に関する法規制を整備しようという動きが高まっています。
記事の全文を読む

【法令】改正電気通信事業法について


改正電気通信事業法が、平成27年5月15日に成立しています。
記事の全文を読む

【参考】国民生活センター越境消費者センター(CCJ)


海外ネットショッピングなど、海外の事業者との取引 でトラブルにあった消費者のための相談窓口として、これまで、「消費者庁越境消費者センター(CCJ)」が設置・運営されてきました。
記事の全文を読む

【参考】消費者問題に関する2014年の10大項目(国民生活センター)


国民生活センターホームページにて、消費者問題に関する2014年の10大項目が公表されています。

記事の全文を読む

【裁判例】インターネットオークションの中古車売買が問題となった事例


インターネットオークションで中古車を購入したところ、多数回の故障が発生し、メーターの巻き戻しが判明した事例です(大阪地判H20.6.10判タ1290号176頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネットモール事業者の法的責任が問題となった事例


インターネットモールにおける各出店者による商標権侵害に関して、同市場の運営者(モール事業者)に対する差止め・損害賠償責任が問題となった事例です(知財高判H24.2.14判時2161号86頁)。
記事の全文を読む


ページの一番上に戻る