ネット上での名誉棄損、プライバシー侵害裁判事例

【参考】インターネット上の人権侵害事件数・過去最多に


昨年のインターネット上の人権侵害事件数が過去最多であったとの発表がなされています。
  記事の全文を読む

【参考】情報セキュリティ10大脅威 2016


「情報セキュリティ10大脅威 2016」が、情報処理推進機構(IPA)HPで発表されています。
記事の全文を読む

【予防講座】インターネット予防講座実施のご報告


2月17日(金)に、仙台市シルバーセンターの「せんだい豊齢学園」特別講義として、インターネット予防講座を実施してきました。
記事の全文を読む

【法令】改正ストーカー規制法


改正ストーカー規制法が成立し、平成29年1月3日付けで一部施行となっています。
記事の全文を読む

【参考】「自画撮り被害」が増加しています


警察庁等によれば、近時、「自画撮り被害」が増加しているとのことです。
記事の全文を読む

【裁判例】開示懈怠による法的責任が問題になった事例


プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示義務等を懈怠し、発信者に対する権利行使が不可能になったなどとして、不法行為に基づく損害賠償が問題となりました(東京地判H27.7.28)。
記事の全文を読む

【裁判例】「忘れられる権利」に言及した決定


裁判所がはじめて「忘れられる権利」に言及した判断がなされ、注目されています(さいたま地決平成27年12月22日・判時2282号78頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】スニペット部分の名誉毀損該当性が問題となった事例


インターネットの検索サービスにおいて、原告の氏名を検索語として検索を行うと、原告の逮捕に関する事実が表示されることにつき、表示の差止め(削除)の可否等が問題となった事例です(大阪高判H27.2.18)。
記事の全文を読む

【裁判例】新聞及びウェブサイト記事の名誉毀損が問題となった事例


新聞記事及びウェブサイト上の記事の名誉毀損該当性が争われた事案です(東京地判H27.2.27判時2259号61頁)。
記事の全文を読む

【法令】改正児童ポルノ禁止法について


平成27年7月15日より、改正児童ポルノ禁止法について、児童ポルノの単純所持が処罰の対象になっています。
記事の全文を読む

【裁判例】口コミサイトに掲載された店舗情報が問題となった事例


秘密性を売りにしている飲食店が、一般消費者の投稿により口コミサイトに掲載された店舗情報につき、サイト運営者に対して削除請求及び損害賠償請求を行った事例です(大阪地判平成27年2月23日裁判所HP)。
記事の全文を読む

【参考】インターネット・ホットラインセンターの運用状況


日本におけるインターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口として、「インターネット・ホットラインセンター」があります。
記事の全文を読む

【裁判例】学校裏サイトにおける匿名の書き込みが問題となった事例


 特定の中学校の生徒が匿名で書き込みをする掲示板(学校裏サイト)において、同校の学生であった原告を中傷する書き込みがなされた事案です(大阪地判H20.5.23裁判所HP)。
記事の全文を読む

【裁判例】名誉毀損書込みをした人物と被告との同一性が問題となった事例


インターネット上の掲示板に名誉毀損の書込みをした人物が被告であるかが問題となった事例です(横浜地裁川崎支判H26.9.11判時2245号69頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット上の名誉毀​損において調査費用が問題となった事例


インターネット上の名誉毀損において、発信者(加害者)の調査費用についても発信者に対して賠償請求できるかが問題となった事例です(東京高判H24.6.28)。
記事の全文を読む

【法令】いわゆるリベンジポルノ防止法について


近時の私事性的画像記録の提供等による被害(いわゆるリベンジポルノ)の発生・拡大防止のために、下記法案が平成26年11月19日に可決・成立し、一部の規定を除き、同年11月27日に施行されています。
記事の全文を読む

【裁判例】検索サービスに​おける逮捕事実の差止めが問題となった事例


インターネットの検索サービスにおいて、原告の氏名を検索語として検索を行うと、原告の逮捕に関する事実が表示されることにつき、表示の差止め(削除)の可否等が問題となった事例です(京都地判H26.8.7)。
記事の全文を読む

【裁判例】ツイッターでの名誉毀損において発信者情報開示請求が認められた事例


インターネット上の名誉毀損関連で、ツイッター(Twitter)への投稿記事が問題となった事例です(東京高判H26.5.28判時2233号113頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット上の名誉毀損における損害額が問題となった事例


インターネット上の名誉毀損における損害額が問題となった事例で、損害額算定の考慮要素を判示したものです(東京高判H24.2.14判時2161号86頁)。

記事の全文を読む


ページの一番上に戻る