裁判事例の紹介

【裁判例】電子マネー発行会社の法的責任が問題となった事例


サクラサイト被害に遭った原告が、当該サイト利用料金の電子マネー決済システムを提供した電子マネー発行会社に対して損害賠償を請求した事案です(東京地判H27.6.25判時2280号104頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】開示懈怠による法的責任が問題になった事例


プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示義務等を懈怠し、発信者に対する権利行使が不可能になったなどとして、不法行為に基づく損害賠償が問題となりました(東京地判H27.7.28)。
記事の全文を読む

【裁判例】「忘れられる権利」に言及した決定


裁判所がはじめて「忘れられる権利」に言及した判断がなされ、注目されています(さいたま地決平成27年12月22日・判時2282号78頁)。
記事の全文を読む

【参考】日本資金決済業協会


前払式決済手段(プリペイド等)の発行業及び資金移動業の健全な発展と利用者利益の保護を図ることを目的とした自主規制団体として、日本資金決済業協会があります。
記事の全文を読む

【法令】決済代行業者に対する法規制について


クレジットカードを使っていると「決済代行業者」という言葉を耳にすることはありませんか。今、国会では、「決済代行業者」に関する法規制を整備しようという動きが高まっています。
記事の全文を読む

【参考】督促手続・少額訴訟手続を悪用した架空請求にご注意ください


身に覚えのない出会い系サイトの利用料などの支払いを求める架空請求について、督促手続や少額訴訟手続を仮装し又は悪用するケースがあるという相談・情報が寄せられているとのことです。
記事の全文を読む

【参考】「ネット上のいじめ」に関する 対応マニュアル・事例集


携帯電話・インターネットの普及に伴い、SNS、インターネット上の学校非公式サイトや掲示板等を利用して、特定の児童生徒に対する誹謗・中傷が行われるなどの「ネット上のいじめ」問題が生じています。
記事の全文を読む

【裁判例】SNS会員の利用規約違反が問題となった事例


SNS会員の利用規約違反を理由とする利用停止措置が問題となった事例です(東京地判H27.4.8判時2271号70頁)。
記事の全文を読む

【参考】振り込め詐欺救済法に定める預保納付金を巡る諸課題に関するPT


第1回「振り込め詐欺救済法に定める預保納付金を巡る諸課題に関するプロジェクトチーム」が開催され、資料が公表されています。
記事の全文を読む

【参考】情報処理推進機構(IPA)について


情報処理推進機構(IPA)のホームページにおいて、ワンクリック詐欺等、インターネットを通じた詐欺被害への注意喚起・対策が公表されています。
記事の全文を読む

【SNS】SNS広告で購入した商品のトラブル増加


SNSの広告を見て、化粧品を申し込んだところ、高額請求をされたという相談が多く寄せられているとのことです。
記事の全文を読む

【裁判例】スニペット部分の名誉毀損該当性が問題となった事例


インターネットの検索サービスにおいて、原告の氏名を検索語として検索を行うと、原告の逮捕に関する事実が表示されることにつき、表示の差止め(削除)の可否等が問題となった事例です(大阪高判H27.2.18)。
記事の全文を読む

【法令】改正個人情報保護法について


個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)の改正が成立しました。
記事の全文を読む

【法令】改正電気通信事業法について


改正電気通信事業法が、平成27年5月15日に成立しています。
記事の全文を読む

【裁判例】新聞及びウェブサイト記事の名誉毀損が問題となった事例


新聞記事及びウェブサイト上の記事の名誉毀損該当性が争われた事案です(東京地判H27.2.27判時2259号61頁)。
記事の全文を読む

【法令】改正犯罪収益移転防止法について


犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)の一部を改正する法律案が、平成26年10月10日付けで国会に提出され、今後施行予定です。
記事の全文を読む

【裁判例】祈祷料の支払いが問題となった事例


易断に伴い、鑑定料の支払又は祈祷その他の宗教的行為に付随して祈祷料の支払を求める行為が問題となった事例です(大阪高判H20.6.5兵庫県弁護士会HP)。
記事の全文を読む

【法令】改正児童ポルノ禁止法について


平成27年7月15日より、改正児童ポルノ禁止法について、児童ポルノの単純所持が処罰の対象になっています。
記事の全文を読む

【参考】情報セキュリティ10大脅威 2015


「情報セキュリティの10大脅威2015」が、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページで公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】口コミサイトに掲載された店舗情報が問題となった事例


秘密性を売りにしている飲食店が、一般消費者の投稿により口コミサイトに掲載された店舗情報につき、サイト運営者に対して削除請求及び損害賠償請求を行った事例です(大阪地判平成27年2月23日裁判所HP)。
記事の全文を読む

【参考】情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材


情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材、教員向けの手引書が、文部科学省ホームページで公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】サクラサイト業者の取締役の責任が肯定された事例


いわゆるサクラサイト被害に遭った原告が、サクラサイト業者の(代表)取締役らに対して損害賠償を請求した事案です(東京地判H26.11.10)。
記事の全文を読む

【参考】出会い系サイト(サクラサイト)の相談傾向


近時の出会い系サイト(サクラサイト)の相談傾向が公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット通信サービスの通信料が問題となった事例


インターネット通信サービスを利用し、約20万円の通信料金を課金された原告が、携帯電話事業者に対する通信料金の返還を請求した事例です(京都地判H24.1.12判例時報2165号106頁)。
記事の全文を読む

【参考】インターネット・ホットラインセンターの運用状況


日本におけるインターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口として、「インターネット・ホットラインセンター」があります。
記事の全文を読む

3 / 41234

ページの一番上に戻る