裁判事例の紹介

【法令】いわゆるリベンジポルノ防止法について


近時の私事性的画像記録の提供等による被害(いわゆるリベンジポルノ)の発生・拡大防止のために、下記法案が平成26年11月19日に可決・成立し、一部の規定を除き、同年11月27日に施行されています。
記事の全文を読む

【裁判例】検索サービスに​おける逮捕事実の差止めが問題となった事例


インターネットの検索サービスにおいて、原告の氏名を検索語として検索を行うと、原告の逮捕に関する事実が表示されることにつき、表示の差止め(削除)の可否等が問題となった事例です(京都地判H26.8.7)。
記事の全文を読む

【参考】消費者問題に関する2014年の10大項目(国民生活センター)


国民生活センターホームページにて、消費者問題に関する2014年の10大項目が公表されています。

記事の全文を読む

【裁判例】インターネット取引事案について調査嘱託の採否が問題となった事例


インターネット取引事案について、調査嘱託の採否が問題となった事例です(静岡地決H26.1.29消費者法ニュース100号380頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネットオークションの中古車売買が問題となった事例


インターネットオークションで中古車を購入したところ、多数回の故障が発生し、メーターの巻き戻しが判明した事例です(大阪地判H20.6.10判タ1290号176頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネットモール事業者の法的責任が問題となった事例


インターネットモールにおける各出店者による商標権侵害に関して、同市場の運営者(モール事業者)に対する差止め・損害賠償責任が問題となった事例です(知財高判H24.2.14判時2161号86頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】ドロップシッピングについてクーリング・オフ解除を認めた事​例


ドロップシッピングサービスの利用契約について、クーリング・オフ解除が認められるかが問題となった事例です(大阪地判H23.3.23判時2131号77頁)。

記事の全文を読む

【裁判例】ツイッターでの名誉毀損において発信者情報開示請求が認められた事例


インターネット上の名誉毀損関連で、ツイッター(Twitter)への投稿記事が問題となった事例です(東京高判H26.5.28判時2233号113頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット上の名誉毀損における損害額が問題となった事例


インターネット上の名誉毀損における損害額が問題となった事例で、損害額算定の考慮要素を判示したものです(東京高判H24.2.14判時2161号86頁)。

記事の全文を読む

【裁判例】インターネットのホームページの印刷物の証拠価値が問題となった事例


インターネットのホームページを印刷した書面の証拠価値が問題となった事例です(知財高判H22.6.29裁判所HP)。

記事の全文を読む

【裁判例】サクラサイト業者の法的責任が認められた事例


サクラサイト業者の法的責任が問題となった事例です(東京高判H25.6.19判時2206号83頁)。

記事の全文を読む

3 / 3123

ページの一番上に戻る