裁判事例の紹介

【法令】改正電気通信事業法について


改正電気通信事業法が、平成27年5月15日に成立しています。
記事の全文を読む

【裁判例】新聞及びウェブサイト記事の名誉毀損が問題となった事例


新聞記事及びウェブサイト上の記事の名誉毀損該当性が争われた事案です(東京地判H27.2.27判時2259号61頁)。
記事の全文を読む

【法令】改正犯罪収益移転防止法について


犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)の一部を改正する法律案が、平成26年10月10日付けで国会に提出され、今後施行予定です。
記事の全文を読む

【裁判例】祈祷料の支払いが問題となった事例


易断に伴い、鑑定料の支払又は祈祷その他の宗教的行為に付随して祈祷料の支払を求める行為が問題となった事例です(大阪高判H20.6.5兵庫県弁護士会HP)。
記事の全文を読む

【法令】改正児童ポルノ禁止法について


平成27年7月15日より、改正児童ポルノ禁止法について、児童ポルノの単純所持が処罰の対象になっています。
記事の全文を読む

【参考】情報セキュリティ10大脅威 2015


「情報セキュリティの10大脅威2015」が、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)のホームページで公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】口コミサイトに掲載された店舗情報が問題となった事例


秘密性を売りにしている飲食店が、一般消費者の投稿により口コミサイトに掲載された店舗情報につき、サイト運営者に対して削除請求及び損害賠償請求を行った事例です(大阪地判平成27年2月23日裁判所HP)。
記事の全文を読む

【参考】情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材


情報化社会の新たな問題を考えるための児童生徒向けの教材、教員向けの手引書が、文部科学省ホームページで公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】サクラサイト業者の取締役の責任が肯定された事例


いわゆるサクラサイト被害に遭った原告が、サクラサイト業者の(代表)取締役らに対して損害賠償を請求した事案です(東京地判H26.11.10)。
記事の全文を読む

【参考】出会い系サイト(サクラサイト)の相談傾向


近時の出会い系サイト(サクラサイト)の相談傾向が公表されています。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット通信サービスの通信料が問題となった事例


インターネット通信サービスを利用し、約20万円の通信料金を課金された原告が、携帯電話事業者に対する通信料金の返還を請求した事例です(京都地判H24.1.12判例時報2165号106頁)。
記事の全文を読む

【参考】インターネット・ホットラインセンターの運用状況


日本におけるインターネット上の違法・有害情報の通報受付窓口として、「インターネット・ホットラインセンター」があります。
記事の全文を読む

【裁判例】振り込め詐欺グループのリーダーの責任が問題となった事例


架空の出会い系サイト利用料金名目など様々な名目で金銭を詐取する架空請求詐欺やオレオレ詐欺等の事案で、詐欺組織を統括し、指揮していた者の法的責任が問題となりました(東京地判H22.9.24判時2105号33頁)。
記事の全文を読む

【参考】アフィリエイト・ドロップシッピング関係の相談が増加


近時、アフィリエイト・ドロップシッピング関係の相談が再び増加しているようです。
記事の全文を読む

【裁判例】学校裏サイトにおける匿名の書き込みが問題となった事例


 特定の中学校の生徒が匿名で書き込みをする掲示板(学校裏サイト)において、同校の学生であった原告を中傷する書き込みがなされた事案です(大阪地判H20.5.23裁判所HP)。
記事の全文を読む

【参考】国民生活センター越境消費者センター(CCJ)


海外ネットショッピングなど、海外の事業者との取引 でトラブルにあった消費者のための相談窓口として、これまで、「消費者庁越境消費者センター(CCJ)」が設置・運営されてきました。
記事の全文を読む

【参考】アダルトサイトの相談が年間で10万件を突破


アダルトサイトのトラブル相談件数が年間10万件を超え、過去最高になっています。
記事の全文を読む

【裁判例】名誉毀損書込みをした人物と被告との同一性が問題となった事例


インターネット上の掲示板に名誉毀損の書込みをした人物が被告であるかが問題となった事例です(横浜地裁川崎支判H26.9.11判時2245号69頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット上の名誉毀​損において調査費用が問題となった事例


インターネット上の名誉毀損において、発信者(加害者)の調査費用についても発信者に対して賠償請求できるかが問題となった事例です(東京高判H24.6.28)。
記事の全文を読む

【参考】裁判所等を装った不審な電子メールや電話、郵便物にご注意ください


最近、裁判所や裁判所職員等を装った不審な電子メールや電話、郵便物が問題になっているようです。
記事の全文を読む

【裁判例】インターネット上の写真の無断掲載が問題となった事例


インターネットのサイトから写真をダウンロードし、運営するブログにアップロードしたという、日常的にもあり得る行為が問題となった事例です(東京地判H24.12.21判タ1408号367頁)。
記事の全文を読む

【法令】いわゆるリベンジポルノ防止法について


近時の私事性的画像記録の提供等による被害(いわゆるリベンジポルノ)の発生・拡大防止のために、下記法案が平成26年11月19日に可決・成立し、一部の規定を除き、同年11月27日に施行されています。
記事の全文を読む

【裁判例】検索サービスに​おける逮捕事実の差止めが問題となった事例


インターネットの検索サービスにおいて、原告の氏名を検索語として検索を行うと、原告の逮捕に関する事実が表示されることにつき、表示の差止め(削除)の可否等が問題となった事例です(京都地判H26.8.7)。
記事の全文を読む

【参考】消費者問題に関する2014年の10大項目(国民生活センター)


国民生活センターホームページにて、消費者問題に関する2014年の10大項目が公表されています。

記事の全文を読む

【裁判例】インターネット取引事案について調査嘱託の採否が問題となった事例


インターネット取引事案について、調査嘱託の採否が問題となった事例です(静岡地決H26.1.29消費者法ニュース100号380頁)。
記事の全文を読む

2 / 3123

ページの一番上に戻る