裁判事例の紹介

【副業】情報商材詐欺と決裁代行業者の責任に関する事例


情報商材詐欺事案において、情報商材業者、代表者、決裁代行業者を提訴し、被害回復を実現した事例です(消費者法ニュース118号100頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】ウェブサイト記事削除代行が弁護士法違反にあたるとした事例


他人に代わり、ウェブサイトに掲載された記事を削除するための業務の依頼を受ける旨の契約が、当該事案においては弁護士法72条に違反し無効であると判断した事例です(東京地判H29.2.20判タ1451号237頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】ネットショップ用ホームページ制作契約に際し説明義務違反が認められた事例


ネットショップ用ホームページの制作に係る契約について、その勧誘に際し、事業者に説明義務違反があるとされた事例です(東京高判H29.11.29判時2386号33頁)。
記事の全文を読む

【副業】情報商材・副業被害の実態・理解等


国民生活センターが配信する『国民生活2019年1月号』で「情報商材」が特集されています。
記事の全文を読む

【裁判例】LINEによる退職の意思表示の有無が問題となった事例


LINEによる退職の意思表示の有無について、詳細に検討の上、その存在を否定した事例です(東京地判H29.12.22判時2380号100頁)。
記事の全文を読む

【参考】2018年消費者白書


2018年の消費者白書が発表されています。
当弁護団の活動に関係するところを、主に紹介します。
記事の全文を読む

【裁判例】仙台地裁で発信者情報開示が命じられた事例


インターネット上の掲示板への投稿によりプライバシー権を侵害されたことを理由とする損害賠償請求権行使のため、発信者情報開示請求が認められた事案です(仙台地判H30.7.3)。
記事の全文を読む

【架空請求】携帯電話番号が掲載された架空請求にご注意ください


住所、氏名のほか、「携帯電話番号」が記載された架空請求が問題になっています。
記事の全文を読む

【裁判例】リツイートの著作権侵害が問題となった事例


ツイッター(Twitter)におけるリツイートについて、著作権侵害が問題となった事例です(知財高判H30.4.25判時2382号24頁)。
記事の全文を読む

【架空請求】インターネット使用中に突然表示される偽セキュリティ警告画面にご注意ください


インターネットを使用中に突然「ウイルスに感染している」等の警告画面が表示され、不安になり慌ててセキュリティソフトやサポートを契約してしまったところ、実際には偽の警告画面と思われ不要な契約だったという相談が多く寄せられているとのことです。
記事の全文を読む

【裁判例】ツイッターアカウント全体の削除仮処分が認容された事例


他人が開設したツイッターアカウントにより、名誉権が侵害されているとして、ツイッターアカウント全体の削除を求めた仮処分が認容された事例です(さいたま地決判時2378号22頁)。
記事の全文を読む

【仮想通貨】仮想通貨金融庁参考ページ


金融庁HP内に、仮想通貨に関する情報がまとめられています。
記事の全文を読む

【裁判例】リベンジポルノに関するわいせつ物陳列罪の成立時期が問題となった事例


いわゆるリベンジポルノ被害事案において、公然陳列罪(刑法175条1項前段等)の成立時期について判示した裁判例です(大阪高判H29.6.30判タ1447号114頁)。
記事の全文を読む

【架空請求】「法務省管轄支局」からの架空請求にご注意ください


『法務省管轄支局 国民訴訟通達センター』を名乗る機関からの架空請求が近時増加しています。
封書で届く場合と、ハガキで届く場合があるようです。
記事の全文を読む

【裁判例】事業譲渡後の会社の責任を認めた事例


サクラサイト事案において、サイト運営会社が別のサイト運営会社に事業譲渡したところ、事業譲渡後のサイト運営会社にも損害賠償債務が承継されると判断された事案です(仙台地判H30.4.20消費者法ニュース116号347頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】占いサイト運営会社の責任を認めた事例


占いにより運命鑑定等を行うサイトにおいて、サイト運営会社の法的責任が認められた事例です(東京地判H30.4.24消費者法ニュース116号350頁)。
記事の全文を読む

【ソーシャルゲーム】「ゲーム依存症」がWHOの疾患名に


世界保健機関(WHO)は、 国際疾病分類の最新版で、「ゲーム障害」を初めて疾患に加えました。
記事の全文を読む

【ソーシャルゲーム】ゲーム内コンテンツと資金決済法


ソーシャルゲームやアプリにおいて、現金・クレジットカードで購入したゲーム・アプリ内コンテンツが、資金決済法3条4項の「自家型前払式支払手段」にあたるか、という問題があります。
記事の全文を読む

【ソーシャルゲーム】中高生のネット依存93万人


厚生労働省研究班 (代表・尾崎米厚鳥取大教授)は、病的なインターネット依存が疑われる中高生が全国で93万人に上るとの推計を発表しました。
記事の全文を読む

【ネットショッピング】フリマサービスのトラブルが増加


インターネット上で個人同士が商品や役務を取引できるフリマアプリやフリマサイト等、フリーマーケットサービス のトラブルが増加しています。
記事の全文を読む

【副業】インターネット上での情報商材トラブルが増加


近時、「1日数分の作業で月に数百万円を稼ぐ」。「○万円が○億円になる投資法」といった宣伝文句により、インターネット上で情報商材を取引するという相談が増加しているようです。
記事の全文を読む

【SNS】「仙台市いじめSNS相談事業」が始まります


平成30年8月20日から、仙台市で、SNS(「LINE」と「Webチャット」)を活用した新たないじめ相談事業が開始されます。
記事の全文を読む

【裁判例】マイニング悪用により有罪判決


他人のパソコンを操作して、仮想通貨を得るための「マイニング」を行ったとして、全国初の有罪判決がなされました(仙台地判H30.7.2)。
記事の全文を読む

【参考】架空請求が増加しています


近時、架空請求が再び増加傾向にあります。
記事の全文を読む

【予防講座】仙台市のホームページに掲載されました


当弁護団が、仙台市のホームページ「せんだい消費者教育支援バンク」に掲載されました。
  記事の全文を読む

2 / 512345

ページの一番上に戻る