【裁判例】リベンジポルノに関するわいせつ物陳列罪の成立時期が問題となった事例


いわゆるリベンジポルノ被害事案において、公然陳列罪(刑法175条1項前段等)の成立時期について判示した裁判例です(大阪高判H29.6.30判タ1447号114頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】マイニング悪用により有罪判決


他人のパソコンを操作して、仮想通貨を得るための「マイニング」を行ったとして、全国初の有罪判決がなされました(仙台地判H30.7.2)。
記事の全文を読む


ページの一番上に戻る