裁判事例の紹介

【注意喚起】携帯電話会社をかたる偽SMSにご注意ください


携帯電話会社をかたる偽SMSによる被害が多発しています。
記事の全文を読む

【参考】子供のネットトラブル


子どものネットトラブルが依然として大きな問題となっています。
記事の全文を読む

【裁判例】無線LANのただ乗り行為が問題となった事例


 向かいの家に設置された無線LANへのただ乗り行為が、電波法違反の罪にあたるかが問われた事例です(東京地判H29.4.27判時2388号114頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】仙台地裁で投稿記事削除等が認められた事例


仙台地裁で、インターネット上の掲示板に書き込まれた誹謗中傷記事の削除請求等が認められました(仙台地判H30.7.9)。
記事の全文を読む

【電子マネー】紛失したスマートフォンが不正利用された場合の電子マネーサービス業者の責任が問題になった事例


紛失したスマートフォンが不正利用された場合の電子マネーサービス業者の責任が認められた事案です(東京高判H29.1.18金融法務事情2069号74頁)。
記事の全文を読む

【参考】インターネットトラブルのまとめ


国民生活センターホームページで、最近のインターネットトラブルがまとめられています。
記事の全文を読む

【裁判例】裁判官のSNSへの投稿が「品位を辱める行状」に当たるとされた事例


裁判官のSNSの投稿が問題となった事例です(最大決H30.10.17判タ1456号39頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】ホームページ制作等契約において、抗弁接続が認められた事例


美容院を営む個人事業者が締結したホームページ制作等契約について、抗弁の接続が認められた事例です(松本簡判平成30.9.27消費者法ニュース118号198頁)。
記事の全文を読む

【参考】海外マルチの被害にご注意下さい。


「誰でも簡単にできる」「必ず儲かる」等の説明を受けて、海外事業者とマルチの契約をしたものの、利益を得られず、解約もできないといった相談が多く寄せられています。
記事の全文を読む

【架空請求】架空請求対策参考サイト


東京都の情報サイトで、架空請求対策についてまとめられたページがあります。
記事の全文を読む

【参考】新成人のトラブル


政府広報ホームページにおいて、「20歳の皆さん、ご用心!成人になると増える、こんな消費者トラブル」と題する記事が掲載されています。
記事の全文を読む

【架空請求】改元に便乗したトラブルにご注意下さい!


2019年5月1日の新元号「令和」への改元に便乗したトラブルが相次いでいます。
記事の全文を読む

【架空請求】2018年の特殊詐欺認知・検挙状況等について


警察庁ホームページにおいて、2018(平成30)年における特殊詐欺認知・検挙状況等が報告されています。
記事の全文を読む

【SNS】ネットいじめ対策の取組状況


総務省が、インターネット上のいじめ対策の取り組み状況について報告をしています。
記事の全文を読む

【裁判例】サクラサイト運営者、サイト利益帰属者、代表者の責任を肯定した事例


出会い系サイト(いわゆるサクラサイト)事案において、サイト運営者、サイトの利益帰属者、これらの代表者の責任が肯定された事例です(大阪地判H29.10.5消費者法ニュース114号235頁)。
記事の全文を読む

【架空請求】「桐花紋」入り架空請求にご注意ください


「地方裁判所管理局」と名乗る機関から、桐花紋が印刷された架空請求はがきが来るという相談が相次いでいます。
記事の全文を読む

【ネットショッピング】ラグビーWCのチケット購入トラブルにご注意下さい


ラグビーワールドカップ2019日本大会のチケット購入トラブルが報告されています。
記事の全文を読む

【裁判例】ビットコインの破産手続における性質・額等が問題になった事例


仮想通貨ビットコインの取引交換所を運営していた会社が破産し、同取引所の利用者が預けていたビットコインの返還請求権に関わる破産債権額が問題になった事例です(東京地判H30.1.31判時2387号108頁)。
記事の全文を読む

【副業】情報商材詐欺と決裁代行業者の責任に関する事例


情報商材詐欺事案において、情報商材業者、代表者、決裁代行業者を提訴し、被害回復を実現した事例です(消費者法ニュース118号100頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】ウェブサイト記事削除代行が弁護士法違反にあたるとした事例


他人に代わり、ウェブサイトに掲載された記事を削除するための業務の依頼を受ける旨の契約が、当該事案においては弁護士法72条に違反し無効であると判断した事例です(東京地判H29.2.20判タ1451号237頁)。
記事の全文を読む

【裁判例】ネットショップ用ホームページ制作契約に際し説明義務違反が認められた事例


ネットショップ用ホームページの制作に係る契約について、その勧誘に際し、事業者に説明義務違反があるとされた事例です(東京高判H29.11.29判時2386号33頁)。
記事の全文を読む

【副業】情報商材・副業被害の実態・理解等


国民生活センターが配信する『国民生活2019年1月号』で「情報商材」が特集されています。
記事の全文を読む

【裁判例】LINEによる退職の意思表示の有無が問題となった事例


LINEによる退職の意思表示の有無について、詳細に検討の上、その存在を否定した事例です(東京地判H29.12.22判時2380号100頁)。
記事の全文を読む

【参考】2018年消費者白書


2018年の消費者白書が発表されています。
当弁護団の活動に関係するところを、主に紹介します。
記事の全文を読む

【裁判例】仙台地裁で発信者情報開示が命じられた事例


インターネット上の掲示板への投稿によりプライバシー権を侵害されたことを理由とする損害賠償請求権行使のため、発信者情報開示請求が認められた事案です(仙台地判H30.7.3)。
記事の全文を読む

1 / 41234

ページの一番上に戻る