【法令】民事裁判手続のIT化

民事裁判手続のIT化に向けた検討がすすんでいます。

IT化が実現すれば、訴状の提出、書面の提出、裁判期日等のオンライン化が実現するとされています。
他方で、IT化に伴う弊害についても無視することはできません。
 
この点に関して、仙台弁護士会が、2019年(令和元年)7月25日付けで、「民事裁判手続のIT化に関する意見書」を発表しました。
最新の議論状況が整理されておりますので、参考までに紹介します。
 
【仙台弁護士会HP】
 https://senben.org/archives/7792



ページの一番上に戻る